« 2009年4月 | トップページ | 2009年8月 »

もう少しで半年が経過します。

このブログは自毛植毛という最先端の薄毛の治療体験談を伝えるブログです。

自毛植毛については治療にあたってくれた紀尾井町クリニックのHPに詳しく説明をされています。そちらをご覧下さい。

前回の更新から随分間が空いてしまいました。

最初の手術の時はイメージ的にどんどん変化して行った様に思うのですが今回の部位は、あまり変化を実感出来ません。

最近になってやっと少し変わってきたかな~~~~と感じてきましたので先週写真を撮って貰いました。

単純に比較するだけになってしまうので早速以前の写真と比較してみます。

前回の更新と同様にひとまず全く治療をしていない写真から。

Tiryoumae1_2

Tiryoumae4

4

これが2年5ヶ月前のわたしです。

額の生え上がりと髪自体が細くなったことで生え方がきつくなり前髪、頭頂部共にボリュームが出なくなっていました。

改めて見るとつむじ周辺はこのころから薄毛が進行して範囲もそれほど変わっていなかったのですね。

20081211_002s 2008121101s

2008121100s

これは、ほぼ2年が経過して2度目の手術を行う前の状態です。

生え際が出来たことで正面から見た感じが変わっているのですが生え際とつむじの間に有った既存毛がハッキリ言えば無くなっているように思います。

2009042309 2009042307

2009042306

更に前回更新時の写真がこれ。

癖が出てきているのと白髪染めをしない状態で写したので地肌の見え方にプラスしてとても切ない状態に見えますね。

そして今回写した写真がこれ

2009072008 2009072007 2009072006 2009072005 2009072004 2009072003 2009072002 2009072001

2009072000

一番最後の写真(うつむいて頭のてっぺんを見せているやつ)で比較すると幾分範囲が狭くなったかなと思うのですがまだまだハッキリとした効果を感じる事が出来ません。

今回は白髪染めをした後なのでそれを考慮に入れなくてはならないのでちょっと辛めの評価です。

でも何となくですが他の部位の写真を見るとちょっとは濃くなった様に見えますねhappy01

この薄毛治療って何本残ってるとか何ミリ髪が太くなったかではなくどんな風に見えているかが大事なのでこれはこれで嬉しい感じです。

挨拶して頭を下げないでいればてっぺんなんてそんなに見せる場所でもないしこのままもう2~3割濃くなってくれたらOKかも?

希望としてはこのまま太くなって後ろから見たときのつむじまわりの薄毛の部分が分からなくなって欲しいところです。

もうちょっと効果が現れてくれれば勇んで写真を公開したいのですがこの部位はなかなかですね。

これからどんどん変化が現れるのを期待して今回はこれくらいにしたいと思います。

それでは。

これからこの下の文章は併記していきますが

私のブログの記事「やっぱり言っておかなくてはならない」で書いてあるのですが私の経営しているヘアサロンはサポートサロンとして紀尾井町クリニックや自毛植毛を紹介する仕事をしています。

そのサポートサロンを介してカウンセリングの申し込みをする事でいろんな特典を受けられます。

カウンセリングの申し込みを行う際に必要なのは本人のお名前、年齢、カウンセリングを受けるクリニックの希望(東京か大阪か)、カウンセリングの希望日時、相談室からの連絡方法(固定電話、携帯、郵便、e-mailの中から選んで貰います)。

この情報をサポートサロンに伝えて頂きサポートサロンがクリニックにFAXで連絡を入れるという方法をとります。

もちろん個人情報ですからクリニックのプライバシーポリシーを読んで頂き同意頂く必要はあると思います。

今このブログを読んで自毛植毛をしてみようかと考えている方、是非このシステムを利用して自信を持って前向きに生きられる明日を手に入れて下さい。

※カウンセリングはもちろん無料で受けられます。

費用がネックになっている方やサポートサロンが近くにないという方は私にメールを下さい。一歩踏み出す為のお手伝いが出来るかもしれません。

それでは。

カットショップサクマ ホームページ
http://cutshop.net

カットショップサクマ 
新潟県新発田市豊町2丁目5ー22
TEL 0254-23-3232

紀尾井町クリニックのホームページ
http://www.nhtjapan.com/

それと質問などがある方はメールをいただければ私が答えられる範囲でお答えしようと思います。

mail@cutshop.net

迄どうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年8月 »